2017年10月18日

日本イメージ情報業連合会 全国大会

 先日、標記の大会に参加してきました。

 大会テーマは「ネットワークでつながるアーカイブズ」で、私たち同業者が得意とするアーカイブ技術を存分に発揮し、官民のビジネスニーズに応えるための情報交換や勉強会を実施しました。

 その一環として、基調講演は「国立公文書館の現状と今後の課題」をテーマに、国立公文書館の加藤館長にお話いただきました。
 欧米をはじめ一部のアジア諸国にも見劣りするアーキビスト不足の現状を中心に我が国の公文書管理の課題を挙げ、同時にその解決の方向性について示唆に富む話を多く聞くことができました。

 ところで、来年は明治150年にあたるとのこと。
 この機会に、我が国の歩みについて理解を深めるための諸施策が実施されるかもしれません。

 もちろん、国の歴史が重要なのはいうまでもありませんが、もっと身近な「我がまち」「我が社」「我が校」の歴史や歩みについても、もっとクローズアップされるようになるといいですね。

2017年10月10日

和暦と西暦

 先日、本を読んでいてちょっと驚いたことがありました。

 平成29年10月11日と2017年10月11日は、同じ日です。
 だから、元禄15年12月14日は、1702年12月14日と思い込んでいたのですが、これが間違い。
 今日、和暦と西暦の月日が一致するのは、明治5年12月に明治政府が太陽暦を採用したから。
 ということは、それ以前の月日は、和暦と西暦で異なるということです。

 例えば、赤穂浪士の吉良邸討ち入りは、元禄15年12月14日深夜から15日未明にかけて。これを西暦に直すと1703年1月30日深夜から31日未明にかけてということになるそうです。
 もちろん、赤穂浪士はじめ当時の人々が西暦を意識していたとは思えません。当然、当時の人々は、年末の討ち入りと理解していたでしょう。

 ちょっと、ややこしいです。こんなびっくりを教えてくれたのが高島俊男著「お言葉ですが... 2 「週刊文春」の怪」(文藝春秋 文春文庫2001.1.10)。
 それとも、そんなことは常識で、かかなくてもいい恥をかいてしまったのかしら・・・・。

2017年10月3日

衣替えの季節です。

 10月1日といえば衣替え。とはいっても、朝夕は涼しくても昼間は暑かったりと、なかなか切替えのタイミングが難しかったりします。

 そもそも夏の衣類と冬の衣類を入れ替える「衣替え」は中国で始まったようです。
 平安時代には衣類を多く持つ貴族が、江戸時代には四季に応じて4回もあったそうです。
 明治時代に入り、政府が役人や警察等の制服を定めた時に衣替えの時期も制定したらしく、学生服にも取り入れられて現在に至るとの事。

 風習は風習として、なにより気温を気にしつつ、体調に合わせて着るものを決めるのがよさそうです。

2017年9月25日

プレゼンテーションのこと

 先日、縁あって地元テレビ局に出演しました。

 ニュース番組のとあるコーナーなのですが、企業や団体のトップが自社についてインタビュー形式でこたえるものです。
 初めての生放送だったので緊張しましたが、スタッフやキャスターのみなさんのおかげでなんとか乗り切れました!

 それにしても、自社を紹介することの難しさをあらためて感じた次第。。。
 限られた時間で、聞き手が「なるほど!」と感じてもらえるような伝え方って、意外に難しいものですね。

 ご覧になった方からの感想が、楽しみなような、怖いような・・・。

2017年9月19日

全史料協のご案内

 今年も全国歴史資料保存利用機関連絡協議会、全国大会のシーズンがやってきました。

 今年のテーマは、「公文書館法30年-今、問われる公文書管理-」とのこと。
 開催地は神奈川県相模原市、平成29年11月9日(木)・10日(金)開催です。

 申し込みの締め切りは、平成29年10月13日(金)、会員でなくとも参加可能。
 詳細は、全史料協のサイト、「第43回全国(神奈川相模原)大会及び研修会」をご覧ください。
http://jsai.jp/taikai/sagamihara/index.sagamihara.html


2017年9月12日

意識改革

 文書管理において、実際に文書を作成・保存する一人一人の意識改革が何より重要です。
 構築よりも維持の方が困難だからです。

 ある時点でルールを決めても、いずれ守られなくなったという事例をよく聞きます。

 これを防ぐには、繰り返し、繰り返し、研修(教育)を実施して、その組織の「文化」として根付かせるまで根気強く続けることが大切です。

 その場合、内部の研修だけでなく、外部による「研修」や「点検」がより効果的です。

2017年9月5日

コミュニケーション

 「職場でのコミュニケーションは、本当に大切ですよね!」

 この意見を否定する人は皆無に等しいと思いますが、「いざ実践!」となると意外と出来ていないことが多いような・・・。

 先日ランチで入った飲食店では、客に対しての挨拶がないばかりか従業員どうしの声掛けや挨拶がなく、およそ活気とは無縁のお店でした。

 さて私たちの会社はというと、スタッフ間で相談や報告をしている姿がごく自然にできていて、コミュニケーションは比較的良好な部類にあると思います。

 「よくない報告こそ、速やかにトップに伝えることができる組織」が重要で、そうした雰囲気となるよう心掛けているつもりです。

 そのためにも「聞き役」に徹しようと思うのですが、つい「話し手」になっていることも少なくないですね。
 ちょっと反省・・・。